トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

新入社員のつぶやき 第一弾 2015/04/09

テムジンでは昨年、3人の女性が新入社員として加わりました。

将来のディレクターとして採用された彼女たちは、この1年間、番組制作の激務を乗り切るなかでどのような思いを抱いてきたのか。3回にわけて掲載します。

第一弾は、2014年4月入社の房満満です。

 

 

 

「青臭く、不器用なやつ」

アシスタント・ディレクター 房満満

 

世の中に存在する様々な価値観を一人でも多くの人に知ってもらいたい。たとえそれが極々少数派の思いであっても、世間的に許されないものであっても。そんな思いで2014年4月、テムジンでADとして働き始めました。丸々一年が経った今、一枚のFAXのことを、ブログをご覧になった皆さんとシェアさせて頂きます。

 

初めてADとしてついた番組『捨てられた子供たちを救え!~中国~』(NHK Worldドキュメンタリーシリーズ「Asia Insight」)放送直後のことでした。番組の主人公は、中国の貧しい農村で生まれ、たった4歳で癌を患い、医療費を払い切れなくなった父親に捨てられた女の子。中国で毎日たくさんの子供が病院に捨てられている現状と、その背後にある社会保障制度などの問題を取り上げました。

番組の放送翌日、アメリカ在住の日本人女性からFAXが届きました。「番組の中のアルビノ症の子供を養子にしたい。どうしたらいいですか」と。入社して一ヶ月の私には衝撃でした。慌てて中国の養子縁組システムをリサーチしお伝えしましたが、その女性がアルビノ症の子を養子にできたかどうかは今でもわからないままです。ただ、世の中のどこかで、あの子に愛情を注いでくれる人がいた。たった数分間でも、あの子と時間を共有してくれる人がいた。そのことには嘘がない。それだけでも私は十分勇気づけられました。

 

青臭いやつだ!その通り。自分でもそう思います。

それがまた不器用さにも繋がり、挫折してしまうことがこの一年間で多々ありました。しかし、残念ながらそれは生まれつきの青臭さかもしれません。

青臭さだけ持っていても仕方がない。どれだけ熱意が溢れていても、番組にならない限り誰にも伝わらない。この先の細長い一本道では、思いを番組の形で実現させる力をとことん身につけていきたい。もがき続けます。

投稿者:admin | 投稿時間:13:28

東京TVフォーラム2012にて 優秀ピッチ賞受賞! 2013/01/17

ドキュメンタリーの国際共同制作に向けた公開企画提案会議『東京TVフォーラム2012』にて、

テムジンの「世界最大スラムの総選挙」が、優秀ピッチ賞を受賞しました。

これにより2013年3月にマレーシア・クアラルンプールで行われるアジア最大級のドキュメンタリーフォーラム「Asian Side of the Doc」への正式招待が決定しました。

   

「世界最大スラムの総選挙」

“欧米や中国などからの外資を導入し2030年までに先進国の仲間入りを果たす”という国家戦略を打ち出したケニア。その一方で外資に頼らず自国産業を発展させなければアフリカの未来はないと若者が動き出した。“チーター世代”と呼ばれる新興中間層の20代から30代の若者たちだ。

番組では、来年3月の総選挙に向け激しさを増す選挙戦に密着。チーターたちは、旧世代の政治家が作り上げてきた饗応、賄賂といった不正が蔓延する選挙戦をどう戦い、外資に依存しない国造りをどのように実現しようとするのか。

次なる市場として世界から熱い視線を浴びるアフリカで、その未来を担うチーターの挑戦を追う。

国際共同制作とは  http://www.nhk.or.jp/co-pro/index.html

TTVFホームページ  http://ttvf.jp/2012/

 

   

ディレクター 内山 直樹

1982年生まれ。2004年番組制作会社テムジン入社。

主な作品―

「ジャズシンガー綾戸智恵 母との歩み」 2010 NHK

「ソマリア・立ち上がる女性たち」 2011 NHK

「証言記録 兵士たちの戦争」 2011 NHK

「ナイロビ スラム一斉撤去 」 2012 NHK

「夢は把瑠都」 2012 NHK エストニアの制作会社と共同制作

 

 

世界各国のプロデューサーや監督、配給会社と、企画立案から演出論など様々な話ができ、

非常に刺激を受けた3日間でした。私は国際共同制作の魅力を次のように考えます。

 

①  自分が作った番組が、国境を越え世界中の人々に観てもらうことができる。

②  世界中のディレクターやプロデューサーとのネットワークができる。

③  海外のドキュメンタリー作りの手法を知ることで、自分自身の映像表現の幅が広がる。

 

今回頂いたチャンスをものにし、世界と戦えるディレクターになれるよう頑張っていきます。

 

 

投稿者:admin | 投稿時間:22:55

「こどもコ・フェスタ」座談会にテムジンスタッフが登場 2012/06/01

「こどもコ・フェスタ」とは、被災地の子どもたちが、それぞれにビデオカメラを使って「今、自分が最も伝えたいこと」をテーマに約3分間の映像を制作し、WEBサイトやソーシャルメディアを通じて国内外へ順次発信していくプロジェクト。

このプロジェクトにテムジンの牧嶋も参加しました。

今回参加者同士の座談会の様子がアップされています。

是非ご覧ください。

http://www.tv-exm.net/interview/cofesta2011.html

投稿者:admin | 投稿時間:21:58