ローディング

2021年1月9日(土) ザ・ヒューマン「松山智一 〜届けなければアートはゴミだ〜」

先の見えない混沌の時代だからこそ、人間の確かな息づかいを深く見つめなおすー。さまざまなジャンルで新たな世界を切り開こうとする「ヒューマン」たちの心揺さぶられる生き様を描くヒューマン・ドキュメンタリー。主人公たちの願いや挑戦、葛藤に迫り、リアルな生き様を見つめます。

1月9日(土)「届けなければアートはゴミだ NY美術家 松山智一」

現代アートの最前線・ニューヨークで活躍する松山智一(44)。「俺にはピカソのような才能はない」。日本人を中心に「勤勉なるチーム」を作り、欲望渦巻くアート界を駆け上がってきた。その作品はビル・ゲイツ、ナイキ、ドバイ王室。世界第一線の美術館にも収蔵される。25歳で渡米して以来ほとんど帰国しなかったが、東京五輪に向けた大規模プロジェクトのため、2020年は凱旋帰国の年となるはずだった。しかし滞在中、新型コロナウイルスの波にのみ込まれる。チームと切り離され、出国できない。プロジェクトは頓挫し、チームは崩壊の危機。その300日を、松山自身の自撮りやリモート撮影で記録。その先に、世界を股にかける思わぬ結末が待っていた。